Debug Area

https://agri-policy.jp/wp-content/themes/meiji_shokukan
https://agri-policy.jp/

農業政策論研究室

日本農業の現実と農業政策の立場を考える

農業政策論研究室

日本農業の現実と農業政策の立場を考える

准教授

橋口 卓也

主に戦後の日本の農業政策の動向を学びつつ、時々の政策が農業の現実に対して、いかなる立場をとってきたのか、その背景は何かを考察します。

研究室からのおしらせ

現在お知らせはありません。

研究分野

農政学、農業政策論、条件不利地域農業論

学位

博士(農学)

略歴

鹿児島県生まれ。東京大学農学部卒業、東京大学大学院農学生命科学研究科修士課程修了。東京大学大学院農学生命科学研究科助手、財団法人農政調査委員会研究員、を経て、2005年より明治大学農学部勤務。著書に『条件不利地域の農業と政策』、『中山間直接支払制度と農山村再生』、『内発的農村発展論─理論と実践』(共編著)、『中山間地域の共生農業システム』(共著)、『日本農業の構造変動』(共著)、『農山村再生に挑む』などがある。