Debug Area

https://agri-policy.jp/wp-content/themes/meiji_shokukan
https://agri-policy.jp/

環境経済論研究室

食料・農業から環境問題を考える

環境経済論研究室

食料・農業から環境問題を考える

教授

廣政 幸生

環境問題は身近なことから地球規模まで幅広い。ヒトの経済行動を視点として、問題を解明し解決策を考察できる理解力と洞察力を養います。

研究室からのおしらせ

現在お知らせはありません。

研究分野

農業環境政策学、農村環境評価論、持続可能性発展論

学位

農学博士

略歴

山口県生まれ、北海道大学農学部卒業、北海道大学大学院環境科学研究科博士前期課程修了、北海道大学大学院農学研究科博士後期課程単位取得退学、北海道大学農学部助手、助教授等を経て、2001年より現職。日本フードシステム学会常務理事兼編集委員長、副会長。著書に『農業新時代への農政対応』(共著)、『農業構造政策』(共著)、『米自由化の計量分析』(共著)、『消費行動とフードシステムの新展開』(共著)、『環境資源経済学入門』(共著)、『食品流通』(共著)などがある。


研究テーマ

農村のwell-beingの評価とあり方に関する研究、農業・農村発展における非経済要因の分析、持続可能なフードシステム論